除菌・抗菌の『ASFA水』

アスファ水で インフルエンザを始めとする各種の菌やウイルスを除菌・消毒

 毎年冬の時期になると流行するインフルエンザを始めとした、各種のウイルス感染症。 気をつけていても、一人が罹患してしまえば、一緒に生活する家族に移ってしまったり、 またオフィスで蔓延してしまうと社内全体が影響を受けてしまい、また来客の方にも迷惑 をかけてしまうような事になりかねません。さらに新型の感染症についても、感染が家庭 や社内外へ与える影響はとても大きく、現状は各個人が行っているマスク着用や手洗い、 うがいなどで予防している状態です。
 アスファ水は、次亜塩素酸ナトリウム(アルカリ性)に、pH 調整剤として希塩酸を希釈混合してほぼ中性に安定させることで、次亜塩素酸ナトリウムの強い分解力を持ちなが ら安全性と分解速度を高めた除菌・消臭水です。感染の元となる菌を殺菌効果のある液剤 が分解して除去するので、除菌消毒や室内の清掃を行う事ができます。

アスファ水は小さなお子様がいるご家庭でも安心してお使いいただけます

アスファ水の特徴

  • 食品添加物認定の次亜塩素酸ナトリウム(NaClO)と希塩酸(HCI) を希釈混合し、中世領域にpH 調整した次亜塩素酸水(HCIO)です。
  • 従来の殺菌剤である次亜塩素酸ナトリウムはアルカリ性であるため、手荒れ・漂白・臭いなど人体などに影響を及ぼす恐れがありますが、 アスファ水は中性領域に安定させることにより、人体や環境に優しく、無害な除菌消臭水となります。
中性領域で生成
空間噴射でお部屋ごと除菌消毒
塩素が残留しない
短時間で強力な殺菌効果

 商品概要

商品概要

アスファ水の持つ除菌効果で
室内のウイルスや細菌を除去する事ができます

上気道感染の主たる原因となる菌に対する分解力

上気道感染の主たる原因となる菌に対する分解力
川越耳科学研究所クリニック院長 坂田医師監修

各種ウイルス不活化試験結果

各種ウイルス不活化試験結果1
各種ウイルス不活化試験結果2

 一般消毒剤との比較

一般消毒剤との比較

遊離有効塩素の存在比

  • アスファ水は中性領域に安定させているため、有機物の分解力に優れている次亜塩素酸分子を多く含んでいます。
  • 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とするアルカリ性の塩素商材は、次亜塩素酸イオンを多く含みます。
アスファ水と次亜塩素酸ナトリウムの細胞膜への透過特性の違い

塩素の残留性

 次亜塩素酸は有機物を分解すると、自身の効力も失う性質を持っています。 次亜塩素酸分子と次亜塩素酸イオンの分解速度の差が、塩素の残留性に関係します。

塩素の残留性

従来の塩素=次亜塩素酸ナトリウムとの違い

  • アスファ水は中性領域に安定させているため、有機物の分解力に優れている次亜塩素酸分子を多く含んでいます。
  • 次亜塩素酸ナトリウムを主成分とするアルカリ性の塩素商材は、次亜塩素酸イオンを多く含みます。
従来の塩素=次亜塩素酸ナトリウムとの違い

アスファ水の消臭効果

 多くの悪臭の原因は有機物によるものです。 有機物に対する反応が非常に速いアスファ水は、それらの有機物を瞬時に分解するため消臭効果にも優れています。

アスファ水の消臭効果(トイレ・タバコ・生ゴミ・靴・ペット)

試験結果<エビデンス>

試験結果(雄マウスを用いた急性経口毒性試験)
試験結果(塩素ガス発生量の測定)
試験結果(塩素ガス発生量の測定)
試験結果(ウサギを用いた眼刺激性試験)
試験結果(トリコフィトントンズランス菌)
試験結果(手指洗浄による菌数変化試験)
試験結果(ウサギを用いた皮膚一次性刺激性試験)
試験結果(ゆで卵生菌検査)
試験結果(まな板の菌数検査)

保険・認証

アスファは安全性にこだわって生成しております。
原料の次亜塩素酸ナトリウムの飲料水の殺菌に使用できる品質の物を使い、原料から安全性を追求しております。
それに加え、安全性の管理に厳しい老人施設や保育施設等への導入実績等が認められ、PL 保険(生産物賠償責任保険)に加入しております。
もちろん保険が適用されるような事故は今まで起きたことはございません。

PL 保険(生産物賠償責任保険)