コーティング施工の流れ

抗ウイルスコーティングについて、お問合せから施工までの流れをまとめました。

  • お問合せ/資料請求

    お電話<TEL.0120-829-151>や、以下のお問合せフォームよりお問合せ/資料請求下さい。

    お問い合わせ・資料請求
  • お見積り

    建物のタイプや面積、施工箇所などを元に、見積りを算出致します。
    抗ウイルスコーティングは、施設/店舗・会社・ご家庭などの施工シチュエーション別に施工箇所が異なっております。もちろん、ご要望に応じて以下の施工箇所以外の箇所にも施工可能ですので、ご相談下さい。

    オフィスの施工例

    オフィスの施工例(ドアノブ・スイッチパネル・手すり・給湯室)

    施設/店舗の施工例

    施設/店舗の施工例(イス・トイレ・扉・壁面)

    ご家庭の施工例

    ご家庭の施工例(扉・サッシ鍵廻り・トイレ・洗面所)

  • お支払い/ご入金

    お支払い方法は、銀行振込、クレジットカード、現場での現金払いの他、Paypayでもお支払い可能です。

  • コーティング施工

    お支払い/ご入金後、コーティング施工を行います。施工面積にもよりますが、基本的に1日で施工は終了いたします。

微酸性次亜塩素水アスファ水
  • 養生処理

    液剤がかかってはいけない部分に養生テープで保護を行います。

  • ASFA水散布

    エアーガンもしくは噴霧器を使用し、細かな霧状になるように液剤を噴霧します。

  • 乾燥

    ASFA水の液剤は30分ほどで乾燥します。

  • 除菌・消毒作業完了

    乾燥後、作業完了となります。

抗ウイルスコーティング
  • 拭き取り清掃(ASFA水除菌を行っていない場合)

    施工箇所のホコリや汚れを次亜塩素酸水などで清掃し、乾燥させます 。

  • 養生(ASFA水除菌を行っていない場合)

    液剤がかかってはいけない部分に養生テープで保護を行います。

  • 抗ウイルスコーティング散布

    エアーガンを用いて、ガンを施工箇所から 1 m 位 離し細かい霧状になる様に液剤を散布します。

  • 乾燥

    一度液剤を乾燥させます。

  • コーティング作業完了

    乾燥後、作業完了となります。